コラム

剪定するならご自分の安全が第一!

2015.12.22

庭木の剪定は、言ってみれば気分転換にもなるので、休日・祝日を利用して行っている方も多いです。
また、平日でも主婦の方などがご自分で庭木の剪定をしている方もいるかもしれませんね。
快晴の下で庭木の剪定をするのは実に気分がいいですし、直接植物と接する作業になるので、日常生活のストレスも解消出来るのではないでしょうか?

しかし、庭木の剪定は油断すると危ないので覚えておいてください。剪定は専用のハサミを使って作業するので、ちょっとした不注意でご自身が危険な目に遭ってしまう恐れがあるからです。
ご存じのとおり、ハサミは刃先がとても鋭くなっています。直接手では対処出来ない枝を切る為の道具なので、使い方には充分気をつける必要があります。
ですから、毎回庭木の剪定をする時は、周囲に障害物がないか、また人がいないかを確認してから行うようにしましょう。
剪定中障害物にぶつかると、身体がよろめいた拍子にハサミが身体に当たる恐れがありますし、人がいると、その人が近づいた拍子にハサミが当たってしまう恐れも考えられます。

また、脚立を使う場合も要注意です。
庭木のサイズも様々で、自分の背丈ぐらいの大きさの庭木もあれば、住宅の屋根と同じ大きさの庭木もあります。そんな庭木を剪定する場合、当然脚立が必要になります。でも、脚立に上ると、下へ落ちる危険性が出てきますよね。下へ落ちたら当然痛い思いをしますし、落ちた拍子にハサミが身体に当たる恐れもあります。
実際、剪定中、作業員が下へ落ちて怪我をしたという事例も起きているほどですから、庭木の剪定は充分に気をつけなければなりません。

もし、「怪我をするくらいならやらない方がいい」という方がいましたら、代理の人に剪定してもらいましょう。せっかくお庭にある庭木なので、放置したら庭木が可哀想です。剪定業者に依頼するのがオススメなので、ご検討ください。