コラム

カットした枝を回収するまでが伐採作業

2015.12.22

木に対して「邪魔だなあ」と思ったことはありませんか?
例えば、お庭にある木の枝が外側へ飛び出していると、通行人に当たりそうでヒヤヒヤするケースもあると思います。
そんな木は枝を切り落とす必要がありますが、思い切って伐採をするという手もあります。
ただ、木の伐採をする時、充分気を配る必要があります。例えば、大木の場合、伐採した後、倒れた大木に自分が潰される危険性が出てくるからです。もちろん、専門の作業員なら安全対策を取った後、木の伐採をしてくれます。ですが、素人の方が伐採をやるとなると、どれだけ安全対策が取れているか分かりません。
それに、剪定と違って伐採に使う道具も増えてきますから、その為の費用も必要になります。基本的に伐採で使うのは電動ノコギリになりますが、誰でも持っているわけではないので、わざわざお店に寄って買いにいかなければなりません。
もし、自分で木の伐採を考えているなら、業者に任せた方が良いでしょう。
ただ、業者に木の伐採を依頼する際も注意してください。伐採をする際、ある程度枝をカットするのが基本です。しかし、木を倒した後、カットした枝も残らず回収するのが伐採作業。業者がちゃんと枝を回収してくれるかどうかが、業者の質に関わります。
特に、公園などの公共場所に枝を残したままにすると、通行者からクレームを受ける恐れがあります。今後、公共場所で業者に依頼する際は、枝も残らず回収してくれるのか、確認するようにしましょう。

もちろん、当社は木の伐採で切り落とした枝をきちんと回収します。
当社は剪定だけでなく、伐採作業にも力を入れているので、安全対策についても、しっかりと熟知しております。